商品開発部

商品開発イメージを形にしていくクリエイティブ集団。 プロフェッショナルな技術と感性が日々、試されます。

 お客様や取引先様からの声をはじめ、あらゆる情報を元に市場のニーズを予測し、新商品を企画・製品化する部門。「サンクローバー」の心臓部といえるセクションです。  MDがシーズンテーマを設定し、デザイナーが商品イメージをデザイン画に表現します。次にパタンナーが平面のデザイン画を立体画へと構築していきます・・・それが具体的な流れです。もちろん、その間にも検討を重ねてデザインやシルエット、着心地を徹底的に追及します。サンプルまで作っても商品化されなかったり、自分なりにこだわった部分が変更になったりすることも事実。  でも、それらはすべて「最高のものだけをお客様に提供する」という「サンクローバー」のポリシーに基づいてのことです。

営業部

アパレルビジネス成功の鍵を握るマーケティング活動。お客様との継続的なリレーションの中に、新たな価値を見出すオールランドプレーヤー。

 「サンクローバー」の商品の魅力を広く伝え、1人でも多くのお客様に購入していただくための行動、つまり売り上げ拡大のための”仕掛けづくり”を担う部門。  主に百貨店や量販店、専門店とのパイプ役になり、店頭の活性化、催事の企画・運営、取引先様の新規開拓を行います。年3回の新作展示会もこのセクション主導で実施。さらに直営店の展開も手掛けていきます。  直営店については、一般のお客様と直に接するFAと連携して、市場ニーズをすばやく商品開発にフィードバックできるよう働きかけなければなりません。さらに雑誌広告をはじめとするプロモーション活動を担当しています。  仕事内容は多岐に渡りますが、取引先様はもちろん、エンドユーザーである女性の満足のために、日々活動しています。

生産部

生産工程全般を管理・コントロール。「サンクローバー」クオリティを守る“縁の下の力持ち”です。

 生産部は文字通り、「サンクローバー」の商品の生産工程を総合的に管理するセクション。納期までの進行管理、原価計算に基づくコスト管理などの業務があります。  とりわけ当社が最も力を入れ、自信を持っている品質管理においては妥協を許しません。たとえば縫製工場に送る型紙と仕様書は、細心の注意を払って作成しています。グレーディングとマーキングを専任で行うCADオペレーターを擁しているのも、そのこだわりゆえです。また縫製技術に関しても同様で、パートナー工場と、互いに納得がいくまでなども話し合いを重ねます。  生産部の仕事は裏方的な要素が強いのですが、真剣に仕事に取り組んだ分だけすべてが円滑に進みます。理想通りの商品に仕上げるためには欠かすことが出来ないセクションです。

物流部

顧客サービスの最前線である物流現場をマネジメント。商品の動きをすばやくキャッチし、MDや営業へフィードバックするのがますます重要に。

 商品のサイクルが早いアパレル業界では、常に在庫を正確に把握し、適切なタイミングで処理していくことが肝心。しかもそれは、データ上で管理した”理論在庫”ではなく、実際に商品が管理されている”物理在庫”でなければなりません。  「サンクローバー」において、その部分を担っているのが物流部です。実際の業務は自社の物流センターで行っています。工場から納品された商品を検品することから始まり、入庫・出荷・返品・在庫コントロールまで、まさに流通経路をトータル管理するスケール間に満ちたセクションです。  日々多くの取引先様とのやり取りがある上に、ミスのない精度の高い仕事が求められます。